Webメールをメインアドレスにしよう

Webメールをメインアドレスにすると次のようなメリットがあります。

例えば携帯電話のメールアドレスとして利用している場合、キャリア変更を行った時でもアドレスを変える必要がありません。

また、迷惑メールなどの業者もあえてWebメールは狙わない傾向にあるようで、実際に同じアドレスをキャリアメールとWebメールで作成してみたところ、キャリアメールには迷惑メールがたまに届きますが、Webメールには一切そのような事はありませんでした。
携帯でWebメールを使うメリットは他にもあり、通常キャリアメールの場合送受信に使うアプリケーションが携帯キャリア公式のメールソフトのみですが、Webメールを使う場合は様々なソフトの中から選ぶ事が出来ます。メールソフトには様々な機能を持っているものがあり、その中から自由に選ぶ事が出来るため自分にあった環境でメールを使うことが出来ます。
Webメールは携帯電話のメールとして使わない人にもメリットがたくさんあります。


パソコンでインターネットをする場合、プロバイダからメールアドレスを割り振られている事が大半です。

このメールアドレスは信頼性はありますが、Webメールに比べて制約もあり、例えばプロバイダを変更した場合は使えなくなってしまいます。

最後に携帯とパソコンの両者に共通するメリットについて紹介します。
Webメールの場合、メールを複数のデバイスで閲覧することを想定し、様々な工夫が凝らしてあるものも多いということです。

マイナビニュースの基本知識を紹介しています。

例えば、メールを受信した時に、サーバー上にメールを残しておくかどうかを設定することもでき、特定のデバイスで受信してしまったからといって他のデバイスで見れなくなる事はありません。
また、閲覧履歴を共有しているものもあり、携帯で見たメールはパソコンから見ても既読状態に設定される機能がついているものもあります。



携帯とパソコンをよく使うユーザーや、これからスマートフォンに乗り換えるユーザーにとっては非常に魅力的な選択肢です。